展覧会のお知らせ「悲しいほどお天気」

今回の個展では、会場スペースを生かした作品を中心に、キャンバス平面作品はもちろん、映像制作、パフォーマンスと、今までにない様々な角度からのアプローチを試みております。

どうぞご高覧下さい。 

~~~~~~~~~~~~~~~~

中島麦DMイメージ面pdf

展覧会名:悲しいほどお天気 so beautiful day, almost sad

作家名:中島 麦 Mugi Nakajima

会期:2011年9月9日(金)ー10月10日(月・祝)
   open :12:00 - 19:00 木ー日
   月火水休廊 ただし、
   9月19日(月 祝) 10月10日(月・祝)はオープンしています。
   また、9月17日(土)18日(日)19日(月 祝) 20:30までープンしています。

関連イベント
●9月10日(土)17:00~  オープニングパーティ 参加無料
●10月10日(月・祝)17:00~  作家によるクロージングパフォーマンス 参加無料

●この展覧会は
9月17日(土)18日(日)19日(月 祝)の3日間
NARA映像コテンパンダン展2011に参加しています。
上記3日間は中島麦の映像作品をプロジェクション上映します。
(通常の会期中はモニターで上映しています)
また、この3日間は夜20:30までオープンしています。

Scan10001.jpg

中島麦 映像作品「悲しいほどお天気 in progress」

Scan10002.jpg

中島麦 映像作品「悲しいほどお天気 3383」

協賛:ターレンスジャパン

会場:Gallery OUT of PLACE
   630-8243奈良市今辻子町32-2
   tel・fax 0742-26-1001

mail : contact@outofplace.jp
HP : www.outofplace.jp/
twitter : http://twitter.com/tokiooutofplace

中島麦DM文字面



~~~~~~~~~~~~~~~~

中島麦の絵画を目の当りにすると、
まるで青い空を見たときと同じ様な気持ちになる。

青い色をとりわけ多く使っているわけではないし、
ただ明るく清々しいと言っているのでもない。

私が中島の絵と青空に感じるのは、ある種の快感である。
漠然とした幸福感とでも言おうか、とにかく見ているうちに
距離感覚が剥奪され、はかり知れない大きなものに身をゆだねる快感をもたらしてくれる。

青空は宇宙そのものだ。
私達は青空を地球上の風景の一部と勘違いしがちだが、
それは実は果てしない時間と距離を示す宇宙空間そのものだ。
青空を見つめることは、過去と未来を同時に体感する事に他ならない。

中島の絵に特徴的なべた塗りの平面は、まさに青空の均質な質感に近いし、
明らかな筆跡が残る下のレイヤーは、まるで露出した過去の地層にさえ見えてくる。
いや、その不思議な紋様は、
もしかしたら地球外生物からのメッセージをイメージ化したものだとも言えなくない。

本人にすれば、
これらのモチーフは、旅先での風景や記憶に残る形から発想を得ているらしいのだが、
作家の無意識が描き出すものは、
本人の意識など簡単に凌駕し、宇宙そのものような抽象作品にまで到達している。

中島麦のスケールは想像以上に大きい。

( テキスト by Gallery OUT of PLACE 野村ヨシノリ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR