FC2ブログ

[個展「luminous dropping 2019」のお知らせ◎/東京]

20190404中島麦nakajimamugi02

[個展「luminous dropping 2019」のお知らせ◎/東京]

2019年春の展覧会シリーズの締めくくり、
多面的な活動の核心はキャンバスに描くことにあると考えています。
画像(RGB)ではなかなか伝わらない、色の機微を実視していただけると嬉しいです。

現在開催中の川口市立アートギャラリー・アトリアでの企画展と合わせて、
皆さまの春のご予定に、ぜひともよろしくお願いします!


中島麦「luminous dropping 2019」
会期:2019年4月12(金)〜5月12日(日)
12:00〜19:00 OPEN

・月〜水/休廊・GW中も平常通りの開催になります。

*レセプション:4月13日(土)18:00 - 19:30
・18:30頃より作家によるトークがあります。入場無料

会場:Gallery OUT of PLACE TOKIO
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 207
03-6803-0248
Gallery OUT of PLACE TOKIO web

・東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
・JR御徒町駅から徒歩10分
・JR秋葉原駅電気街口より徒歩11分

-------------
Artist statement
私は、絵画を構成する根源的な要素として「動き・奥行き・光」があると考えている。その3つをカンヴァスの上で表現しようと試み、この作品シリーズを「luminous dropping」と名付けた。ゆっくりと流し込まれた多量の絵具は、乾いた後も流動感を画面上に留め、物質としての色は多彩な表情を見せる。また絵具の層の中に空間が生まれ、作品は光を纏う。
 2019 年前半は東京エリアで「始点/ 展開・拡張/ 目的」を多面的に捉える展示の機会を連続的に得た。「描く」という私的な行為が、美しさ(時にはその対極)を共通言語に、社会と接続できるメディウムになると思っている。それこそが絵画の次なる展開であり目的ではないだろうか。(文 中島麦)

I think that there are "movement, depth and light" as fundamental elements of the painting. I would like to express the three elements in my series "luminous dropping". A large amount of paint slowly poured keeps the fluidity even after it dries on the canvas and expresses various colors accompanied with delicate differences. Space is born in the layer of paint and the work wears light.
In the first half of 2019 in Tokyo area I continuously get the exhibition opportunities to interpret "starting point / expansion / purpose" in a multifaceted manner. Through my action, I expect that beauty (sometimes controversially) will become a common language and art will become a medium to connect with the general society. I think it is the next development and purpose of painting. ( text by nakajima mugi )


20190404中島麦nakajimamugi


-------------

絵画展なのか_川口市立アートギャラリーアトリア_中島麦_nakajimamugi


*同時期開催中の展覧会 (両会場間、約40分強)
「絵画展...なのか?」
3月21日(木)〜5月12日(日)
原田 要/山本 修司、中島 麦の企画3人展

詳細web

僕がここ数年継続的に続けている3つの作品シリーズを、一堂に展示しています。キャンバスに描いている「luminous dropping」、窓のムコウ側の景色をコチラの窓に描く「コチラとムコウ」、館内館外の様々な場や物に展開拡張する「WM」(ウム)、展覧会タイトルにもあるように、絵画とは何なのか?という問いに、多面的な表現で提示する挑戦的な絵画展示になっています。

「絵画展...なのか?」
3月21日(木)〜5月12日(日)
open:10:00~18:00(土曜日20:00まで)
休館日:毎週月曜日(4/29・5/6-7は開館)
観覧料:300円

川口市立アートギャラリー・アトリア
埼玉県川口市並木元町1-76(JR川口駅より徒歩8分)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR