[個展]「WM new works 」のお知らせ◎

中島麦nakajimamugiGallery OUT of PLACE情報2


中島麦nakajimamugiGallery OUT of PLACE


[個展のお知らせ◎]

ALL新作の個展は2年ぶりとなります。

昨年から今年にかけて、本当に様々な環境で作品を作る機会を得る事ができました。
僕自身の表現を、絵を描くという事の概念の拡張してきたと思っています。(まだまだ道半ばですが)

しかし、広げる事をしっかりできると言うことは、

元になる基本があってこそで、
その根幹は「キャンバスに絵具で絵を描く事」です。

2つの要素を組み合わせた絵画を制作し始めて、はや4年あまり、

1つの集大成へ…新たな可能性への序章としての個展だと思っております。

ぜひ皆さまの秋のご予定によろしくお願いします!!

中島 麦 / nakajima mugi

「WM new works 」

2016年10月7日(金) - 11月6日(日)

7th Oct. - 6th Nov. 2016

木曜日 - 日曜日
12:00 - 19:00開廊 
※月・火・水 休廊

Open : thu. - sun. 12:00pm - 7:00pm ※Close on mon. tue. wed.

レセプションパーティー+アーティストトーク :
10月8日(土)18:00 - 20:00 入場無料

Reception party + Artist talk : 6:00pm - 8:00pm on 11th June. 
The artist will be present. admission free

会場:
Gallery OUT of PLACE NARA

630-8243奈良市今辻子町32-2

tel・fax 0742-26-1001

mail : contact@outofplace.jp

Gallery OUT of PLACE


中島麦nakajimamugiGallery OUT of PLACE情報1


***********

この度 Gallery OUT of PLACE NARA では、中島麦による「WM new works」展を開催いたします。

中島麦はこれまで、テクスチャーの全く異なる 2 つの抽象絵画を同じ空間に「対」で見せるというコンセプトのもと、 
シリーズ「星々の悲しみ」(2013)、「悲しき南回帰線」(2014) を発表し、抽象絵画の可能性を追求してきました。 
今回発表する新作「WM」はそれをさらに発展させ、その完成形とも言えるシリーズになっています。
そこには「対」を越え、 あらたに「廻」というテーマに辿り着いた画家がいるように思われます。

「WM」というタイトルは有無 ( ウム ) と読むこともでき、二律背反がテーマだと捉えられるかもしれません。
確かに「W」 と題された複雑な画面の絵画(垂直方向のベクトルをもち、無数の微小な粒子で画面全体が構成されている)と、
シンプルな画面の「M」(絵具の巨大な一滴がキャンバスの水平面に垂らされ画面全体を覆っている)との、
一見全く違う2 種類でこのシリーズは成り立っているのですが、実は2つは同じ事象を捉えていると言えます。 
粒子の数や大きさの違い、あるいは重力のかかり方や描画の行程に違いこそあれ、
観者の目の前にあるのはどちらも「絵具の粒」に他ならないのです。

またこうも例えられるでしょう。

「W」は空から降ってくる雨:垂直にかかる重力の動態(瞬間)が描かれており、 
「M」では雨によってできた水溜まり:重力の静態(凝縮された時間)が描かれている、と。
有ることと無いことでさえ、実はそこに大きな違いはないのかもしれません。
全ては廻り廻る無限の宇宙の一局面に過ぎないことが「WM」において示唆されているようです。
まさに抽象絵画の面目躍如とも言える、壮大なテーマを下敷きに描かれた中島麦の新作を是非ご高覧下さい。

(文:野村ヨシノリ/ Gallery OUT of PLACE)


Gallery OUT of PLACE NARA is pleased to announce the opening of nakajima mugi’s exhibition,“WM new works.
Until now, nakajima mugi has been working with a concept of “contradiction”, as he places two completely different textured abstract paintings next to one another. 
With this as his foundation, he presented the series, “blue on blue” (2013) and “tristes tropiques” (2014),
in his continued pursuit of stretching the boundaries of abstract painting.
In his newest “WM” works, he further opens the scope for his concept in what could even be considered a series that arrives at full completion. 
It seems that the artist has finally overcome the theme of "contradiction" and has arrived at the theme of "resurgence."
The title, “WM,” can also be read in Japanese as umu, meaning “presence or absence.” 
Perhaps its theme can then be viewed as the notion of antinomy. 
At first glance, the painted surface entitled “W” (vertical vectors and countless microscopic particles make up the entire composition), 
and the simple surface of “M” (a giant drop of paint is dripped horizontally, covering the canvas) are put together as two seemingly different types of paintings. 
The two pieces, however, can be viewed as capturing the same matter.
This is to say, in the number of particles and their differing sizes, or the way gravity plays a part in making varying paint strokes, 
both pieces are undoubtedly “drops of paint.”
You could even say that “W” pictures rain falling from the sky: the dynamism (momentum) when gravity causes it to fall vertically, 
while “M” pictures rain gathering in a puddle: gravity in a static state (stilled time.)
Perhaps there is actually not a huge difference in even the opposing matters of presence and absence. 
“WM” appears to suggest that our entire world is nothing more than the endless, oscillating universe held within one sphere. 
Our gallery invites you to view what can be seen as abstract painting bolstered to the next level in the immense theme underlying nakajima mugi’s newest works.

(Text : Yoshinori NOMURA / Gallery OUT of PLACE)

***********

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR