個展のお知らせ「悲しき南回帰線 tristes tropiques」[東京]2015/1

中島麦nakajimamugi悲しき南回帰線Gallery OUT of PLACE TOKIO


中島 麦 nakajima mugi 

悲しき南回帰線 tristes tropiques


2015年1月9日(金)- 2月8日(日)
木曜 - 日曜 12 時 - 19 時 月火水 休廊

Open : thu. - sun. 12:00-19:00 Closed on mon. tue. wed.

1月10日(土)18:30 - 20:00 
レセプション・パーティー

We have the reception party with artist presence on 9th Jan.  18:30 - 20:00 

Gallery OUT of PLACE TOKIO
101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
3331Arts Chiyoda 207 号
Gallery OUT of PLACE TOKIO


//////


「悲しき南回帰線" tristes tropiques "」(2014年/奈良)での展示作品を核に、
タイトルは同じですが Gallery OUT of PLACE TOKIO バージョンとして、
新作・未発表作を加え、新たな展覧会として開催します。


空間が変われば作品構成も変わりイメージも変化する。
また鑑賞者していただく方の関わり方も変化する。
描かれている絵の表面だけでなく、インスタレーションのおもしろさと可能性を、
体験してもらえたらと考えています。


様々なアプローチで「絵を描くこと」の領域を拡張しながら模索した2014年、
そこで出会った新しい可能性を次に繋げていく2015年のスタートになればと思っています。

ご高覧よろしくお願いします。

2014/12 中島麦


//////


中島 麦 nakajima mugi 
悲しき南回帰線 tristes tropiques

2015年1月9日(金)- 2月8日(日)
木曜 - 日曜 12 時 - 19 時 月火水 休廊
Open : thu. - sun. 12:00-19:00 Closed on mon. tue. wed.

1月10日(土)18:30 - 20:00 
レセプション・パーティーを開催します。是非ご来場下さい。


Gallery OUT of PLACE TOKIO「3331Arts Chiyoda」内 207 号
101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14

Gallery OUT of PLACE TOKIO web site
tel・fax 03-6803-0248

*東京メトロ銀座線末広町駅より徒歩3分
*JR山手線御徒町駅より約10分、秋葉原駅より約12分



3331Arts Chiyoda
旧中学校を利用して誕生したアートセンター
3331Arts Chiyoda web page


Gallery OUT of PLACEにて、これまで開催して来た個展
「悲しいほどお天気」 (2011年/奈良)「星々の悲しみ」(2013年/東京・奈良)
「悲しき南回帰線」(2014年/奈良)
【悲】シリーズver3.5になります。


今回の展覧会では悲しみシリーズ第3弾「悲しき南回帰線" tristes tropiques "」(2014年/奈良)での展示作品を核に、タイトルは同じですが Gallery OUT of PLACE TOKIO バージョンとして、新作・未発表作を加え、新たな展覧会として開催、S20号約10点(約73 x 73 cm)、S6号約15点(約41x 41cm)小品多数を加えての絵画インスタレーションとして構成展示いたします。


//////


ステートメント

今回の展覧会は、1色の絵具を均質に塗ったミニマルな画面と複雑なテクスチャーを持つ重層的な画面という、
対極にある2種類の抽象絵画によって構成されている。
ここまでは前回の展覧会で提唱した『カオスモスペインティング』※ を踏襲したものであるが、
今回の2種類の異なる絵画の対比は、見方を変えれば最小単位とその集合体の補完関係でもある。
近くから鑑賞すれば両者の大きな差異が主題に見えるが、遠く離れる程に実は2つが1種類の作品に近づいていく事に気づくだろう。
更にこれらの2つは、同一のキャンバス上での固定された組み合わせでは無く、
それぞれの個体は独立しており、組み合わせ自由を前提にインスタレーションされている。

何でも白黒をはっきりさせようとするシステムが加速化している現代社会が、自閉という弊害をもたらしているとするならば、
私は抽象絵画が持つ構造を認識する事が、その一つの打開策になるのではないかと思っている。

抽象絵画の表面に見えているテクスチャーやインスタレーションの方法論が、或る個人の物語や思想ではなく、
世界の根底を流れる社会構造を映し出し、結果、過度な自縛から私達を解放してくれる事になるのではないか…
新しい抽象絵画の構造を通して、私自身が何ものからも自由で何ものをもつなぐメディウムでありたいと考えている。

中島麦   

※ 平田剛志(京都国立近代美術館研究補佐員)に拠る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR