2013/9/15 フクシマと台風

915福島県富岡2

2013/9/15
「日本中の原発が止まりました。」
と、再びニュースが伝えた。


迫り来る台風の影から逃げるように、
東京から、
北上すること3時間半。


「関係者以外ここから先には行く事はできません。」
検問の手前で、車を停める。


そうたった3時間あまりの所のココの、
10kmほど先に、
かの福島第一原子力発電所があるのだ。


915福島県富岡1
(JR富岡駅にて)


通りすぎた街は、
伸びきった夏草に覆われていて、
人の姿はない。

あの日のまま、
街の時間は止まっている。



915福島県富岡3

空と風はもう、秋。




日本で最も責任がある人が言った。
「何の問題もありません」と。


何の問題もないのかぁ・・


世界を相手に言ったからには、
期待するしかない。
いや、期待というより、
少しでもそうなることを願うしかない。


僕は、
絵を描いていて、
人に教えるという仕事をしている。
社会派の作品を作っているわけではない。

そう、
僕の日常に、
問題はないように、見える。

この”見えているような気がする”ということ、
これはとても危ういことで。
このことは、すべてのことに当てはまるのではないかと。


行ったからといって、何があるわけではない。
でもね、
今、見ておかないといけない気がした。
それだけ。

それは絵を描く時も、同じじゃないかな。





できるだけ多くの人の、
少しでも納得のいく状況が、
これからに生まれる事を、切に願う。


そのためにしっかり”見て”いかなきゃと、思う。



915福島県富岡4
(街のあちこちでこのような光景が広がる)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR