富士山のこと

つい先日、
富士山が世界遺産になった。


思わず、古いアルバムを開けてしまった。
20世紀最後の年、
2000年の夏、
僕は富士山の山小屋でアルバイトしていた。


世界の遺産かどうかは、
ユネスコの判断に従うとして、
見るだけで、
こんなにテンションの上がる山は他にない。

新幹線に乗る時、
晴れてる事をいつも願う。
それは目的地の天気を気にするということより、
富士山が見えるか、見えないか。




祖父は、戦争に行って、
フィリピンで終戦を迎えた。

生き残った僅かな部隊の戦友と共に、
アメリカの捕虜となった。

行き先不明の、輸送船に載せられ、
どこの基地に行くのか、
このまま殺されてしまうのか・・
とても不安な数日を過ごした。


そんなある日、
甲板から歓声が上がるのを聞いて、
飛び出てみると・・

そこには雲間にかすむ、
富士山。


日本に帰って来れた事を、
初めて知った瞬間だった、と、
小さい僕に話をしてくれた。

そして、
亡くなる数年前から、
多くの富士山の絵を描いていた。

年末が近づくと、
1枚1枚、計100以上、
丁寧に富士山の絵を年賀状に描いていた、
後ろ姿を思い出す。



富士山て、
そういうものなんだろうね。


いつか、
もう一度、
登りたい。


ニュースに流れる、
登山渋滞や観光地化する様子には、
げんなりするけど、
それだけ、多くの人を惹き付けて止まない魅力があるってことで、
それも数百年もの間。

山小屋のおやっさんもどうしてるかな。




そんなことを思いながら、
富士山をちゃんと眺めたくなる。




富士山20003

絶景スポット、小富士より。
アルバイトをしていた山小屋の愛犬ルナと。
2000/8


富士山2000

山頂3774mでの記念写真。
もう13年も前かぁ

富士山20001

夏の終わり、
撮ってもらう人も居なく・・
火口と共に。


富士山20002

今は無くなってしまったらしい、
測候所のドーム。

2000/8/28 12:00
気温 11.9度
気圧 653hPa
風速 3.3m
天気 晴






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR