展覧会のお知らせ◯「記憶」をゆり動かす「いろ」@大和郡山・旧川本邸(HANARART 2012)

中島麦121007_hanarart_flyer表

季節はすっかり秋に。
気持ちの良い季節です。

灼熱のアトリエにも、
気持ちよい風が吹き込んできます。


今年で2回目の開催になりましたHANARART 2012、グループ展のお知らせです。
ただし、いわゆるグループ展ではありません。(と、僕は思っております)

会場は、様々な歴史を経てきた、奈良県は大和郡山の元遊郭。
そこに、気鋭のキュレーター山中俊広さんを迎えての、5人のグループ展になります。

どのような「記憶」を揺り動かす「いろ」を見せる事ができるのか、この場所ならではの見せ方を考えた、新作を展示します。

城下町の細い路地を抜けて、建物に入るとそこには・・・
街歩きも楽しい季節です。

どうぞよろしくお願いします。

以下詳細。
*********

奈良・町家の芸術祭 HANARART 2012 [HANARART こあ 企画]
「記憶」をゆり動かす「いろ」

2012年11月1日(木)~11日(日) 10:00~16:30 [会期中無休]

出展作家:加賀城健、中島麦、岡本啓、前谷康太郎、野田万里子
キュレーター:山中俊広

会場:旧川本邸(奈良県大和郡山市洞泉寺町10)
入場無料

関連イベント:
(※入場無料、予約不要。会場は全て旧川本邸 1階大広間にて)

トークセッション 「旧川本邸から揺り起こしたもの」
11月3日(土)14:00~15:30
出演:出展作家5名、当展キュレーター

聞き語り「大和郡山の文化・暮らしと旧川本邸」
11月9日(金)14:00~15:00
出演:秦 峰一 氏(大和郡山在住の映像作家)



このたび大和郡山の遊郭建築《旧川本邸》にて、『「記憶」をゆり動かす「いろ」』を開催いたします。当展は、「奈良・町家の芸術祭 HANARART 2012」の「HANARART こあ」企画として開催する展覧会です。

会場となる《旧川本邸》は、1924年(大正13年)に建築され、1958年(昭和33年)に売春防止法が制定されるまで、遊郭としてその役割を担い続けてきました。現在は大和郡山市の所有となり、地元のボランティアによって建物の管理・保存活動が進められています。

かつてこの場を行き交った多くの人々の心の内には、様々な感情や情景そして人間模様が存在していたことと思います。これら建物の奥深くに眠る《旧川本邸》の記憶を揺り起こすべく、表現スタイルの異なる5名の作家が、「色彩」をキーワードとした作品およびその空間構成をもって、《旧川本邸》の記憶の断片を鮮やかに蘇らせていきます。そしてこれらを、今を生きる私たちの感覚や世界観とともに、今ここにある《旧川本邸》へと新たに結び付けることによって、当展が《旧川本邸》の過去と現在の橋渡しの一助となればと思います。


当展に関するお問い合わせ: hanarart.kawamoto2012@gmail.com

121007_hanarart_flyer.jpg


奈良・町家の芸術祭 HANARART 2012 公式HP: http://hanarart.main.jp/


【HANARART(はならぁと)についての解説】

早速多くの皆様からの参加のご表明、誠にありがとうございます。
初めてこの企画を知る、今年初めてお越しになられる方もあるかと思いますので、この展覧会の母体となる「HANARART(はならぁと)」について、少しご説明させていただきます。

昨年の秋に第1回目が開催されて、今回は2回目の開催となります。
奈良県内各地に点在している町家や古い建物を主な会場として、それぞれに現地の風土・文化・歴史をテーマにした現代アートの展示をおこなうという地域型アートイベントです。

今年の構成は、県内の6つの地域に主軸となる会場が15か所あり、事前の企画公募によって選出された「HANARART こあ」と、その周辺の多くの建物や空間にて自主企画によって開催される「HANARART もあ」の大きく2種類の企画があります。私が担当する大和郡山の旧川本邸は「HANARART こあ」の企画となります。ですので、一つの地域に一つの展示ではなく、もあとこあ含めて10か所以上の展示が一つの地域で開催されることになります。

また、地域によって会期が若干異なります。まず先陣を切って、10/27(土)より五條と御所の二つの地区がスタートし、11/1(木)より大和郡山、八木、田原本、三輪の4地域の展示が続いてスタートいたします。(展示終了も、五條と御所は11/4(日)まで、大和郡山含め残り4地域は11/11(日)までと異なります。)

ただ、それぞれの地域は離れておりますので、全ての地域を1日で回ることは不可能だと思われます。なので、いくつかの地域・展示に絞って回られるか、それとも2日~3日間じっくり時間をかけて回られるか、皆様のご都合に合った鑑賞プランを立てていただければと思います。展示と共に、各地域で雰囲気の異なる町並み散策もおススメです。

全地域の詳細な情報が載ったガイドマップは、会期中に各会場や最寄駅で配布されますし、近日中にHANARARTの公式HPでも公開されると思いますので、ぜひご確認くださいませ。
スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR