宮古にて、サクラ 2012/3

先日のブログに引き続き。

今回の東北訪問の主な目的として

「サクラ」を届ける。

ということ。

神戸阪急の閉店企画で周辺7施設で集めた、
神戸から東北へのメッセージと共に、
再び現地で、サクラの絵を描く事で現場と関わること。

これが、絵を描いてる僕が、できる事なのではないか、と。


*お礼と感謝、そして応援をこめて報告します。

1臼杵山

宮古市街の北側にある臼木山。
商店街の方に、このあたりで桜の名所はどこかありますか?と、聞いた。
「それなら、ぜひ臼木山に!」

地元の桜をしっかり見ておかないと。

5月の初旬、山全体が桜色にに包まれるそうです。
震災前、老木になった木を市民の皆さんで、色々な種類の桜に植え替えたそうで。

咲くのはまだまだ先。
でも、小さな芽がぐぐっと膨らんでいた。
枝がまっすぐだ。

2りあす作業2

宮古末広商店街「りあす亭」での作業の様子。
あいにくの雪まじりの雨。

3りあす作業

実質2日で、2カ所。
もくもくと。

4おでんせサクラ

宮古中央通商店街「おでんせプラザ」での作業の様子。
左側は神戸からお届けしたメッセージをつるすオブジェ。

贈呈式では商店街の皆さんと取り付けました。

5おでんせ作業

もくもく、と。

6おでんせ様子

その日は、商店街のイベントの抽選会場でした。

描き始めに来たおばあちゃんが、完成間際に再び、お惣菜を持って来てくれたり。

7おでんせ外2

外から。
完成。

8おでんせ内

内側から。

(右)
移動可能なタペストリー(神戸ハーバーランドの商店組合からの寄贈品)にも描きました。

9おでんせたぺ

「去年は桜が咲いたことに気づかないくらい、たいへんでしたけど、今年は楽しめそうかな」
「町中が灰色だったので、明るい花がさいてうれしいわぁ」
と、事務所の方。

明るくいろんな話をしてくれた、壮絶なことがあったのに。
このあたりは、1階部分が浸かるくらい、津波がきたそうです。

10りあす亭内

「りあす亭」
内側から。

11りあす影

完成した翌日、晴れました。

12タペストリサイン

タペストリーも2枚。

13りあす外から

外側から。
大阪に帰る日。
寄席の幟がたって賑やかに。

14りあす津波目印

津波はここまできた。


後日、寄席のお客さんからも好評でしたよ、と、連絡をもらう。
素直にうれしい。




15うまいめし

短い滞在期間だったけど、
何を食べても、美味しかった。
もう、魚は最高。
そして、もちろんお酒もうまい。


16ラーメん

意外な事実。
ラーメン屋が多い。

関西ではまず見かける事のない、塩ラーメン。
「たらふく」
メニューはこの中華そばだけ。
これまたうまかった。

17集合

最後になりましたが、
ほんとうにありがとうございました。
ほんまに感謝しています。

宮古末広商店街の理事長、副理事長はじめ地元の皆様、
このような機会を作ってくれた、全国の商店街の復興を手がける東さん、
神戸阪急の店長ほか関係者の皆様と。


目の前にある事はとてもたいへんだけど、
少しづつ前に進んでいって欲しい。
遠くからですが、心より応援しています。



僕も、できることをしっかりとやろう。

スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR