HUB-IBARAKI ART PROJECT 関連企画開催のお知らせ◎ 「報告展2016-2017/中島 麦」

HUBIBARAKI報告展表中島麦nakajimamugiハブイバラキ

HUB-IBARAKI ART PROJECT 関連企画開催のお知らせ◎
「報告展2016-2017/中島 麦」

2017年3月22日より開催している「HUB-IBARAKI ART PROJECT 」の報告展を開催します!
報告展と題して、本プロジェクトの裏側や茨木市内各所で行われた公開制作・現地制作の様子を見渡せる展覧会になります。
アーカイブ映像の上映(初公開!)制作現場の痕跡の展示、制作前に行ったプレゼン時のラフスケッチなど、実際の作品を見ることだけでは知り得ない、アートプロジェクトの作品制作の舞台裏を、同市内にあるGLAN FABRIQUE ギャラリー “ la galerie ”にて一挙公開!
関連イベントも盛りだくさん!!

メイン会場の1つである茨木市市役所周辺施設からもほど近いので、
HUB-IBARAKI ART PROJECTと合わせてぜひご覧下さい!


2017年6月1日(木)~6月20日(火)

会 場:GLAN FABRIQUE ギャラリー “ la galerie ”
大阪府茨木市駅前1-8-28(JR茨木駅より徒歩5分)

時 間:11:00 ~ 18:00 ※最終日は~17:00まで
休廊日:毎週水曜日

http://glanfabrique.com/

主催:茨木市・茨木芸術中心
協力:HUB-IBARAKI ART実行委員会2016、少年企画、STUDIO gigi、ヤマダユウジ


HUB-IBARAKI ART PROJECT web


HUBIBARAKI報告展裏中島麦nakajimamugiハブイバラキ


HUBIBARAKI報告展ツアー中島麦nakajimamugiハブイバラキ

[6/17・HUB-IBARAKI ART PROJECT ツアー]
*参加費無料

僕とプロジェクトの実行委員の皆さんと作品展示施設を歩いて巡るツアーです。
最後にトークイベント会場であるプラネタリウムにて解散します。
㊙︎制作裏話の他、休日の市役所にも入ることができますよ!

6月17日(土) 14:30〜16:00頃 解散
集合場所:GLAN FABRIQUE ギャラリー “ la galerie ”(10分前に集合下さい)

(申し込み先/茨木市役所文化振興課内)
bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp
お名前・人数をお知らせ頂けると嬉しいですが、当日参加もOK。

主催:茨木市・茨木芸術中心


HUBIBARAKI報告展トーク中島麦nakajimamugiハブイバラキ

[6/17・HUB-IBARAKI ART PROJECT トーク]
*参加費無料

開催に寄せてテキストを執筆して頂いた大阪新美術館学芸員の三井知行氏、
実行委員長の河上友信氏、茨木市文化振興課の職員さんに中島麦を交えてのスペシャルトークイベントです。
なんと!メイン展示会場の1つでもあるプラネタリウムがトーク会場です。
日本で5番目に古い光学式投影機が動く天球内であんな話やこんな話を、今回のイベントに関わる各方面の方々共に熱く?時にはロマンチックに?語り合うトークイベントです。

2017年6月17日(土) 16:30〜18:00頃
開催場所:茨木市合同庁舎7階 プラネタリウム
http://www.hub-ibaraki-art.com/pages/907584/page_201703210426
・トークイベントは入退場自由です。

(申し込み先/茨木市役所文化振興課内)
bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp
お名前・人数をお知らせ頂けると嬉しいですが、当日参加もOK。

主催:茨木市・茨木芸術中心


HUBIBARAKI報告展自転車中島麦nakajimamugiハブイバラキ

[6/3・HUB-IBARAKI ART PROJECT アートライドツアー]
僕と一緒に当プロジェクトの作品が設置している全会場と、茨木市彫刻設置事業で設置されたヤノベケンジ氏の「サンチャイルド」名和晃平氏の「TRANCE-Ren」などの現代アートをスポーツサイクルに乗って巡ります。

2017年6月3日(土) 9:00〜13:00(昼食を含む)*雨天中止
集合場所:KURASHI cycle
茨木市末広町2-14 ユートピア末広1F(阪急茨木市駅 徒歩5分)
http://www.kurashicycle.jp

・ご自身のスポーツサイクルで参加(要ヘルメット)。予約不要
・先着4台までスポーツサイクルのレンタル可。費用1500円
 その場合は072-664-3196(KURASHI cycle)までご予約下さい。

主催:山と、まち
スポンサーサイト

[個展のお知らせ・大阪]中島麦「WM painting works」

中島麦nakajimamugiぷらすいちフライヤー裏表

[個展のお知らせ◎ in 大阪]
僕のアトリエがある谷町の同じ路地の中にある、
長屋を改装したギャラリーにて個展を開催します!

先日終了した東京での個展の作品の他、
未出作品を新たな見え方で選定し、展示します。

絵具に塗れた雑然としたアトリエと、
光がきれいなギャラリー空間、
路地の空気を纏って、初の徒歩で搬入します。

来週末には大阪の桜も満開予定、
同時開催するオープンスタジオやイベント共に、
どうぞ皆さまのご予定に!

ーーーーーー

中島麦個展
「WM painting works」

会期:2017年 4月6日~4月23日

open 11:00~19:00 月、火、水/休

・アーティストトーク4月15日(土)15時~
・音楽会 〈企画+1 art〉
八巻志帆(バスクラリネット)x後藤未芳子(ダンス)
ー異なる2人の表現が出会うとき現れるのは?
・小宴 (中島麦オープンアトリエと同時開催) PM5:00〜

会場:ぷらすいちあーと(谷6アトリエから徒歩30秒!!)
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-4-40
ぷらすいちあーとweb

谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」④出口徒歩1分
④出口右手すぐの石段を下り、二つ目の小路を左に入る

中島麦nakajimamugiぷらすいちフライヤー裏表map1



〜ギャラリーテキスト〜
始まりと終わりのように、あるいは明と暗のように、異なる要素をヒトは知覚し分類する。
それは便利であり実際的である。
分類し系統立て理論化すること。科学の分野ばかりでなく美術の分野にも、それは波及する、始まりは100年前、目は大きく開かれた。中島麦は数年前から2つの異なる要素からなる抽象絵画をつくり続けている。昨年にはそれを発展させた「WM」シリーズを発表した。
今回の「WM」展で、それからさらに進展した「WM」を私たちは見ることができる。
Wを180度回転して見るとMになる。2つの要素と見えたものは実は同じものなのだ、と中島は言いたいのだろうか。
それを確かめるには、私たち自身がWMを前にして一廻りしなければならない、目をしっかり見開いて。  
  
+1art カワラギ

ーーーーー
古いストーブ越しにある、未完成の絵を眺めてた。
絵具の乾きが遅くなるこの季節はなおさらのこと、描く時間より、みる時間が長くなる。
「描く」という動きのある行為と、「自らの作品をみる」という静かなる思考。締切前の焦る気持ちは
多分にあるものの、だからと言って闇雲に手を動かしてもろくなことがない。
ぐっと堪えて冷静に、最良かつ最善の一筆を。

2017年 春を待つアトリエにて。 
中島麦

ーーーーー

[同時開催]
初オープンスタジオ
◆中島麦の制作現場公開
◆特別企画展(主催/企画:野村ヨシノリ、出品作家:中比良真子、ピン前川、山本一弥、ヨシダミナコ)
4/14-15-16の3日間
中島麦 谷6アトリエ/大阪市中央区谷町6丁目4-27(地下鉄谷町6丁目徒歩2分)

[ARTプロジェクトのお知らせ◎]「HUB IBARAKI ART PROJECT EXHIBITION 」START!

HUB IBARAKI ART PROJECT表1中島麦nakajimamugi

「HUB IBARAKI ART PROJECT EXHIBITION 」START!

本日3/22(水)から全施設が公開、観覧可能になります!
皆さまのお越しをお待ちしております。

〜2017年9月30日(土)まで

*現地制作、設置された作品は長期展示(半恒久的)が決まっております。

HUB IBARAKI ART PROJECTweb


中島麦によるペインティング現地制作&作品設置などの様々なプロセスも含めてのアートプロジェクトとして展開。

市役所や各施設の職員さん、
実行委員会の皆さんなど関係各所のご協力の中で徐々に立ち上がっていく、
新しいタチでのパブリックアートの試みです◎


HUB IBARAKI ART PROJECT表2中島麦nakajimamugi


展示施設:茨木市内の8つの公共施設、計12カ所

・生涯学習センターきらめき3階 [壁画]
9:00~22:00(火休)

・茨木市合同庁舎 7階プラネタリウム エントランス [壁画]
9:00~17:00

・茨木市役所本館〜南館 連絡通路 [壁画]
8:45~17:15(土日祝休み)

・茨木市役所本館1階 市民課前 [備品に直接ペインティング]
8:45~17:15(土日祝休)

・茨木市役所南館1階 エントランス [備品に直接ペインティング]
8:45~17:15(土日祝休)

・茨木市役所南館8階文化振興課 [備品に直接ペインティング]
8:45~17:15(土日祝休)

・茨木市立中央図書館 [備品に直接ペインティング]
火-金9:30~20:00土日~17:00(月休)

・茨木市福祉文化会館 2階ロビー・3階ロビー[キャンバス作品]
9:00~22:00

・市民総合センター/クリエイトセンター2階北側エレベーターホール[キャンバス作品]
9:00~22:00

・上中条青少年センター1階エントランス/2階 ロビー[キャンバス作品]
9:00~22:00(火祝翌日休)

*開場時間や曜日等は施設によって異なります。
 お越し頂く前にwebやフライヤー等でご確認下さい。
*会場は直径1.8km弱の中に点在しております。最長距離はGoogle的に徒歩25分ほど離れております。
*JR茨木駅・阪急茨木市駅でレンタルサイクルを借りるのがオススメです!

会場へのアクセスは↓↓
HUB IBARAKI ART PROJECT アクセス


「HUB IBARAKI ART PROJECT 」

平成25年度よりはじまった茨木市若手芸術家育成事業『HUB-IBARAKI ART COMPETITION』は、未来を担う若手アーティストを発掘し、茨木のまちを発表の場として提供することで、地域の芸術文化の発展に貢献することを目的としたソーシャル・アートプロジェクトです。
今年度は「HUB-IBARAKI ART PROJECT」と名称を変更し、初年度の選定作家である中島麦さんが、市役所を含めた複数の公共施設に作品を設置します。本プロジェクトは、「公共空間での展示」、「長期展示」、「まちや人との交流を持てるような作品の選定」を条件として作品制作を依頼し、アートを媒介とした人と人との対話が生まれることで、永続的な地域の活性化へ繋がるネットワークの中心「HUB」のような存在となることを目指します。


茨木市web


【お問い合わせ】
茨木市市民文化部文化振興課内
茨木市若手芸術家育成事業『HUB-IBARAKI ART』実行委員会
TEL: 072-620-1810
bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp


HUB IBARAKI ART PROJECT裏1中島麦nakajimamugi

HUB IBARAKI ART PROJECT裏2中島麦nakajimamugi

パンフレットを各施設もしくは茨木市役所南館8階文化振興課にて、
ぜひおとり下さい。

[個展のお知らせ◎]中島 麦 / nakajima mugi「WM new works 」

中島麦2017Gallery Out of Placenakajimamugi


[個展のお知らせ◎]
昨秋の個展とタイトルは同じですが展示作品をガラリと新作に入れ替え、
2年ぶりの東京での個展です。

皆さまのご予定に、是非に!
多くの方にお会い出来るのを楽しみにしております◎

--------

中島 麦 / nakajima mugi「WM new works 」
2017年2月24日(金)〜3月26日(日)まで
*オープニングパーティー 2017年02月25日18:00〜20:00
(2/25&2/26は在廊してます)

木曜日 - 日曜日 12:00〜19:00 OPEN 
※月・火・水 休廊

会場:
Gallery Out of Place Tokio
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 207
03-6803-0248
web

・東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
・JR秋葉原駅電気街口より徒歩11分

--------
*ギャラリーテキストより

この度 Gallery OUT of PLACE TOKIO では、中島麦による「WM new works」展を開催いたします。
中島麦はこれまで、テクスチャーの全く異なる2つの抽象絵画を同じ空間に「対」で見せるというコンセプトのもと、抽象絵画の可能性を追求してきました。今回はそれをさらに発展させ、構造的には2つは同じことであるとする新しいシリーズ「WM」を発表いたします。
「WM」というタイトルは有無(ウム)と読むこともできます。「W」と題された複雑な画面の絵画(垂直方向のベクトルをもち、無数の微小な粒子と線で画面全体が構成されている)と、シンプルな画面の「M」(一色の絵具の巨大な一滴がキャンバスの水平面に垂らされ画面全体を覆っている)との、一見全く違う2種類でこのシリーズは成り立っています。しかし粒子の数や大きさの違い、あるいは重力のかかり方や描画の行程に違いこそあれ、観者の目の前にあるのはどちらも「絵具の粒」に他ならないという意味では、2つは実は同じ事象を捉え同じ構造を持つものなのです。そして特に「M」は、以前の単純な色面としてではなく、アクリル絵具という物質そのものの存在を「W」以上に主張するものとして表現されています。是非、中島の新しい抽象表現にご注目ください。
(文 : 野村ヨシノリ / Gallery OUT of PLACE )

--------

中島麦2017Gallery Out of Placenakajimamugi_back

[展示のお知らせ◎]中島 麦 nakajima mugi 「painting works PLUS」in 梅田蔦屋書店

中島麦nakajimamugi梅田蔦屋書店1

「新しいワークスタイルを発見できる場」と謳ってる書店さんならではの要素を、
絵画作品と共にいろいろと空間にプラス、
盛りだくさんな展示になりました。

お近くにお越しの際はフラリとお越し下さい◎



中島 麦 nakajima mugi 「painting works PLUS」

会期:2016年12月02日(金) ~ 2017年01月09日(月)

時間:7:00~23:00
*終日ご覧頂けます。

場所:梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ・ステージ
・JR大阪駅北側直結 ルクアイーレ9F

詳細↓
イベント詳細ページ

■2016年発表の新作ペインティングを大阪初公開。
今秋の個展時には展示しなかった新作「WM」シリーズも出しています◎

■painting + 「薫り」
フレグランスブランド「Dr. Vranjes (ドットール・ヴラニエス) 」の薫りからインスパイアした作品を制作。
選んだ薫りは7種類、視覚と臭覚両方で作品を見て下さい◎

■painting & painter goods +「オサメルこと」VIVIDEEP
フレーミングワークにVIVIDEEP 宇野由紀子さんを迎え、作品制作の周辺のプライベートものを箱にオサメてもらいました。新しい絵の見せ方としての額箱としてのクーシュ(とてもええ感じ)の提案もご一緒に◎

■painters selection books + 「蔦屋書店」
本屋さんならでは企画。僕自身が選書したしたお気に入りの本を紹介します。もちろんその場で購入出来ます!(本屋さんやからね!)
蔦屋さんに色々とご無理を言って本を揃えてもらいました◎
お気に入りの画集の多くは絶版で手に入れられなかったのが残念ですが、僕の人生の断片が垣間みれることうけあい?です♪

主催:梅田 蔦屋書店
協力:
Gallery OUT of PLACE

http://www.outofplace.jp/

(株)テンネット

http://10net.jp/vivideep/

Dr. Vranjes (ドットール・ヴラニエス)
http://drvranjes.jp/

問い合わせ:梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)

中島麦nakajimamugi梅田蔦屋書店2


中島麦nakajimamugi梅田蔦屋書店3


*以下概要~蔦屋書店webページより

~中島 麦 nakajima mugi painting works PLUS~

こんな中島 麦 見たことがない!

美術家「中島 麦」の新しい魅力が発見できる個展です。


国内外での個展、企画展、アートフェア、地域型アートイベント等展示の他、
いけばなの家元・未生流広報誌「未生/MISHO」の表紙絵の連載や、美術館等でのワークショップも行い、
近年は2つの異なる要素を対比・補完関係とする抽象絵画を制作。

今回の展示では4つの新しい試みがございます!
■2016年発表の新作ペインティングを大阪初公開。

■painting + 「薫り」Dr. Vranjes (ドットール・ヴラニエス) 
薫りと色彩、五感への刺激をペインティングにプラス。
馨しいフレグランスから得たインスピレーションを作品に落とし込み、薫りと色彩を楽しんで頂けるコーナーです。

■ painting & painter +「オサメルこと」VIVIDEEP 
絵と作品制作の周辺のものを、オサメた箱を収める。アートを収納する!とても面白く新しい試みです。

■ painters selection + 「蔦屋書店」
お気に入りの書籍を、展示にプラス。
作家自身が選書したコーナーです。
美術家としてまた個人として、尊敬するアーティストの画集、生きていく上で影響を受けたものや趣味の書籍、麦氏の考え方や生き方琴線に触れるような書籍が並びます。


是非、美術家・中島 麦の新たな側面を見つけにお越しください。



最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR