サイレントアクア2017・出品のお知らせ◎

silent_ackua_2017_サイレントアクア中島麦

[サイレントアクア2017・出品のお知らせ・8/5(土)スタート]

平面だけでなく、立体作品も!
毎年好評の匿名型チャリティーオークション
気に入った作品に入札して、アートと被災地を応援しよう!

今年も出品しております◎
(平面作品&立体オブジェ)

キャプションはなく、
作者名はわからない匿名展示、
あんな人がこんな作品を...!なんてことを予想しながら、
サイレントオークションを楽しんでもらえたらと思います◯

良ければご来場、入札のほどを宜しくお願いします!


「サイレントアクア2017」
会期:2017年8月5日(土)– 8月13日(日) 
11:00–19:00(最終入場は18:30まで)
※入札受付は、会場・ウェブサイトともに8月5日(土)11:00から8月13日(日)19:00まで
入札ページ
会期中無休・入場無料

会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
〒604-0052京都市中京区押油小路町238-1

地下鉄:「二条城前」駅(2番出口)南東へ徒歩約3分
バス:「堀川御池」バス停下車すぐ

サイレントアクア2017 web

silent_ackua_2017_サイレントアクア中島麦2

チャリティーオークション「SILENT @KCUA(サイレントアクア)」は、東日本大震災の復興に関わる活動をしている団体等を広く支援することを目的として、2011年より10年間の継続を目標として実施しています。
本年度も災害の復興に関わる活動を行う団体の支援に加えて、京都市立芸術大学に在籍する学生の芸術活動の支援を目的として開催いたします。
本オークションでは、本学の学部生、院生、留学生、教員(非常勤含む)、旧教員、卒業生、修了生が作家名を伏せた匿名で、新作をギャラリー会場とウェブサイト上で公開。観客はサイレント方式(*)で入札を行います。
オークション収益は総額から運営経費分を差し引いた7割を被災地にて芸術を通したボランティア活動、支援活動を行っている団体への活動資金として、また3割を京都市立芸術大学に在籍する学生の芸術活動の支援金(留学支援・奨学金)として寄付します。
一昨年から平面だけでなく立体作品も加わり、より多様な表現をご覧いただけます。ぜひご期待ください!

* 好きな価格(3,000円から)を入札者が決め、入札用紙に記入して入札する方式で、入札額は一般に公開されません。すべての入札者のなかで最高金額を付けた1名が落札の権利を手にします。
(最低入札価格は3,000円・以後1円単位で自由に入札価格をご設定いただけます)

主催:京都市立芸術大学サイレントアクア実行委員会
後援:京都市、京都市教育委員会、
   京都市立芸術大学美術学部同窓会、京都市立芸術大学美術教育研究会
スポンサーサイト

茨木こども芸術文化講座「茨芸」ワークショップのお知らせ◎ 8/20(日)

茨木こども芸術文化講座中島麦nakajimamugi茨芸1


中島麦nakajimamugiワークショップ茨木こども芸術文化講座

[ワークショップのお知らせ◎8/20(日)]

「コチラとムコウ」シリーズワークショップ、初の地元開催!!

茨木こども芸術文化講座「茨芸」なるイベントが今年より開催されます。
もちろん市外の方でも参加OK!
ちょっと特別な夏休みの思い出に、ぜひ!


「コチラとムコウ in 市役所」
ムコウ側に見える景色をコチラ側の窓に特殊なマーカーで描きます、
茨木市役所の大きな窓がキャンバスに◎
何気ない街の景色の中にも新しい発見、間違い無し!?
普段は入れない休日の市役所で、いっしょに絵を描きましょう〜!

日時:8月20日(日曜日)午後1時30分~3時

場所:市役所南館8階中会議室、南館1階、南館9階

対象:小学2~6年生(親子参加可能です〜♪)

定員:15人

参加費:無料


*申込先↓↓

8月8日(火曜日)、午後5時まで

方法:下記連絡先へEメールまたは電話。もしくは、簡易電子申込システムで受付。
希望する講座、氏名、学年をご記入ください。
※申込多数の場合は抽選となります。

メール:bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp

電話:072・620・1810

簡易電子申込システム
お申し込みフォーム

茨木市の詳細web↓
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/shimin/bunka/event/IBAGEI_2017.html


主催:茨木市 茨木市文化振興課


講座中島麦nakajimamugi茨芸2

[開催中!HUB-IBARAKI ART PROJECT] イベントのお知らせ・4/29 除幕式 - みんなと一緒に完成へ -

号外170424中島麦HUBIBARKI


号外だよ〜!
号外の第5号だよ〜!

HUB-IBARAKI ART PROJECTはまだまだ始まったばかりだよ!!


[開催中!HUB-IBARAKI ART PROJECT]

●イベントのお知らせ
除幕式 - みんなと一緒に完成へ -

2017年 4/29 (土)
13 時 ~15 時 (予定)

2017年3月22日より開催された「HUB-IBARAKI ART PROJECT」の除幕式(除床式)をいたします。
生涯学習センターきらめき3階の作品は、現場をアトリ エとして使用していたこともあり、制作風景の一部を維持して公開中です。
その制作風景の一部を関係者、来場者のみなさまで撤去することを「除幕式」と見立て
「HUB-IBARAKI ART PROJECT」並びに生涯学習セン ターきらめき3階の作品《WM -生涯学習センターきらめき-》の完成となるイベントです。

ご興味ある方はぜひお越し下さい!

場所:茨木市立生涯学習センターきらめき3階
〒567-0028 大阪府茨木市畑田町1-43
茨木市立生涯学習センターきらめき web


HUB-IBARAKI ART PROJECT web↓
HUB-IBARAKI ART PROJECT web

茨木市のイベントページ
茨木市 公式web


HUB IBARAKI ART PROJECT表1中島麦nakajimamugi1704


HUB IBARAKI ART PROJECT表2中島麦nakajimamugi1704

[初・オープンスタジオのお知らせ!!4/14,15,16の3日間◎] 『谷6アトリエ 中島麦オープンスタジオ+特別企画展 すぷりんぐはずかむ!』

谷6アトリエ 中島麦オープンスタジオ表


[初・オープンスタジオのお知らせ!!
4/14,15,16の3日間◎
『谷6アトリエ 中島麦オープンスタジオ+特別企画展 すぷりんぐはずかむ!』

作品制作する拠点が天満から谷町に移って1年と4ヶ月、
満を持して?ようやく?ついに?公開イベントを行います!!

僕の制作現場をオープンしちゃうのはもちろん、
2階のスペースでは特別企画展も開催!

みまさま、春のご予定にぜひ、
遊びに来て下さい〜〜!!

2017年 4月14日(金)・15日(土)・16日(日)の3日間

Open:13:00〜20:00
・レセプションパーティー:4月15日(土)17:00~20:00

会場:
中島麦 谷6アトリエ 1,2階
〒542-0012大阪市中央区谷町6丁目4-27
*地下鉄谷町線、長堀鶴見緑地線 谷町6丁目駅 4番出口から出て、右側にある石段を下って徒歩2分
(路地の中にあります)


[同時開催!]
中島麦個展・谷6アトリエから徒歩30秒!!
「WM painting works」
会期:2017年 4月6日~4月23日
会場:ぷらすいちあーと
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-4-40
open 11:00~19:00 月、火、水/休
アーティストトーク:4月15日(土)15時~
ぷらすいちあーとweb


谷6アトリエ 中島麦オープンスタジオ裏


谷6アトリエ 中島麦オープンスタジオ地図


『谷6アトリエ 中島麦オープンスタジオ+特別企画展 すぷりんぐはずかむ!』

●谷6アトリエ 1階 中島麦オープンスタジオ
美術家・中島麦の日頃制作している生の現場を公開します。

●谷6アトリエ 2階 特別企画展「すぷりんぐはずかむ!– 4 artists, 4 aspects –」
2階の特別企画展では、【春】をテーマに4名の作家が作品を展示いたします。

出展作家:
 中比良真子(平面)
 ピン前川(写真)
山本一弥(立体)
 ヨシダミナコ(写真)
 主催/企画:野村ヨシノリ(Gallery OUT of PLACE)

 *上記4作家は平素このアトリエで制作している訳ではありません。


期間:2017年 4月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間
Open:13:00 - 20:00

レセプションパーティー:4月15日(土)17:00~20:00

会場:中島麦 谷6アトリエ 1,2階
   〒542-0012大阪市中央区谷町6丁目4-27
   *地下鉄谷町線、長堀鶴見緑地線 谷町6丁目駅 4番出口から出て、右側にある石段を下って徒歩2分

***************

各作家紹介

中島麦 nakajima mugi(オープンスタジオ):
絵を描く事を中心に、そこから拡張する出来事を取り込みながら活動中。
近年は2つの異なる要素を対比・補完関係とするする抽象絵画を制作。
その構造を通して、私自身が何ものからも自由で、何ものをもつなぐメディウムでありたいと考えています。
昨年から谷町のアトリエに制作の拠点を移し、日々絵具にまみれながら格闘しています。今回、その生の現場を一般公開いたします。
profile
1978年 長野県生まれ 大阪育ち 2002年 京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業
主な個展に、
2017年 ぷらすいちあーと(大阪) 
HUB-IBARAKI ART PROJECT/茨木市内公共施設 多数(大阪) 
Gallery OUT of PLACE NARA・TOKIO(奈良・東京)(11,13,14,15,16)
2016年 梅田 蔦屋書店(大阪)
2012年 奈義町現代美術館(岡山)
ワークショップ開催として、
2016年 サントリー美術館/六本木アートナイト(東京)
芦屋市立美術博物館/びはくルーム(兵庫)など、多数


中比良真子 Masako Nakahira(平面) :
どこにでもある風景や人物などをモチーフに、はっきりと見えなくても確かに存在する、移ろいやすい一瞬の情景を油彩で描いています。
今回は、水面に映る景色を主題にしたシリーズ「The world turns over」から数点を展示します。
それまで気にとめていなかった風景が、水面に映る風景によって急に色鮮やかに見える、
そんな瞬間を描こうとしているシリーズです。
profile
1979年 滋賀県生まれ 
2004年 京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻修了
主な個展に、
2003年 ノマルエディション/プロジェクトスペース(大阪) 
2004,06,08,10年 neutron kyoto(京都)
2009,11,12年 neutron tokyo(東京) 
2013年 gallery near(京都) 
2014,16年 DMO ARTS(大阪)など、グループ展も含め多数



The world turns over No.14_2013(c)MasakoNakahira oil on canvas


ピン前川 Pin Maekawa(写真):
僕は元お笑い芸人ということもあって、普段は『笑いと悲哀』をテーマに写真を発表しています。
今回は、近年取り組んでるもう一つのシリーズ『冬のプール』を展示します。
夏を待つ誰もいないプール、ひっそりと佇む存在・場所に神聖さを感じ、水面の景色に自身を投影させた作品です。

profile
1978年 岡山生まれ 奈良在住 
2000年 漫才コンビ「きじうま」を結成 
2003年 同コンビ解散後、日本各地を放浪し写真を撮りはじめる。
主な個展に、
2013年 Record Shop Django、まめすず(2カ所同時開催)/奈良・町家の芸術祭 HANARART 2013(奈良) 
2017年 奈良町にぎわいの家つし二階アート企画 vol.10 (奈良)
主なグループ展に、2014年 工場跡/奈良・町家の芸術祭 HANARART 2013(奈良)(作家兼キュレーター)
2015年 帝塚山学園18号館エントランスホール/学園前アートウィーク 2015 (奈良)など、多数


山本一弥 Kazuya Yamamoto(立体):
私の作品は、抽象的に見えるものが多いですが、衣服の皺や襞、身体の一部など、具体的なモチーフを写真などの平面から引用し制作しています。
衣服の皺や襞は、人の身体や動きを元に形成され変化します。それらの部分をクローズアップした断片的なイメージを左右対称に反復させることによって、
身体に内在する普遍的な構造に回帰するとともに、新たなイメージを紡ぎたいと考えています。
profile
1978年 高知県出身 
2002年 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士過程美術専攻彫刻コース修了 
2003年以降、東京、愛知、岡山、北京など、各地で作品を発表
主な個展に、
2016年 CCCSCD by cifaka(岡山)
2011年 KIDO Press(東京) 
主なグループ展に、2015年 MA2 Gallery(東京) 2012年 岡崎市旧本田忠次邸(愛知)など、多数。
またコミッションワークとして、2015年 JPタワー名古屋(名古屋)や、2017年 横浜野村ビル(横浜) などに大型の立体作品を設置している。


ヨシダミナコ Minako Yoshida(写真):
誰かに手紙を書くように作品を制作しています。また、ありのままの過去を残すためではなく、
切り取ってきた写真で実際とは異なった過去をつくるために写真を撮り続けているようにも思います。
わたしにとって、写真を撮り作品を制作するということは、自己をめぐる環境との間に新たな調和をつくり出そうとする試みではないかと思うのです。
今回は、アイスランドで撮影し写真集として発表した最新作『Samskeyti』から数点、更に別シリーズ『白を巡る』からもセレクトし展示します。
profile
1981年 兵庫県出身 日本写真映像専門学校卒業(大阪)
2002年 第25回キャノン写真新世紀 優秀賞 マルク・リブー選 
2005年 富士フォトサロン新人賞 奨励賞
2002年 The Third Gallery Aya(大阪)での初個展以降、
2007年までコンスタントに写真作品を制作発表 2016年 約9年振りに活動を再開

[ワークショップのお知らせ◎3/29(水) ] 「マデカラフェスタ」 滋賀近美クロージングイベント

滋賀県立近代美術館マデカラフェスタ中島麦nakajimamugi1

[ワークショップのお知らせ◎3/29(水) ]
in 滋賀県立近代美術館ファイナル

美術館の立て替え前休館前、最後のワークショップをします!

マデカラフェスタ 滋賀近美クロージングイベント
中島麦ワークショップ
「コチラとムコウ in 滋賀県立近代美術館ファイナル」

2017年3月29日(水) 10:00~16:00

・11〜12時はスペシャルイベントあり。
対象:小学生以上が望ましいけど、ペンが持てたら参加できます。

滋賀県立近代美術館の企画室以外の全館および、屋外にも飛び出します◎
窓のムコウ側に見える景色を、コチラ側の窓ガラスに特殊なマーカーで描きます。美術館の窓が大きなキャンパスに!何気なく観ている風景の中にも新発見間違いなし!

立て替え前の大トリのイベントで絵を描かせてもらえるなんて、
とても貴重な機会ですよ。

春のご予定に、ぜひ!

詳細
滋賀県立近代美術館web

滋賀県立近代美術館マデカラフェスタ中島麦nakajimamugi3


滋賀県立近代美術館マデカラフェスタ中島麦nakajimamugi0

*写真は昨夏の芦屋市立美術博物館でのワークショップ「びはくルーム」の様子


--------
休館までの特別イベント「マデカラ フェスタ」の一環で開催されます。
中島麦ワークショップ「コチラとムコウ in 滋賀県立近代美術館ファイナル」
2017年3月29日 10:00 AM~4:00 PM
※申込不要・随時参加可能
*3月29日の11〜12時までは屋外でのワークショップも合わせて行います。

「コチラとムコウ in 彫刻の路」(雨天の場合変更あり)
対象:小学2年生以上
受付:当日10時より会場で受付(先着25名)
※上記の時間帯もエントランスでのワークショップは開催しております。

滋賀県立近代美術館/アクセス
アクセス


[閉館までの残り2日間も同内容ワークショップは続きます!]

2017年3月30日 10:00〜16:00 *美術館のスタッフが担当します。
2017年3月31日 10:00〜16:00*美術館のスタッフが担当します。

窓のムコウ側に見える景色を、コチラ側の窓ガラスに特殊なマーカーで描きます。美術館の窓が大きなキャンパスに!何気なく観ている風景の中にも新発見間違いなし!
※申込不要・随時参加可能


「マデカラ フェスタ」では面白そうな企画が他にも満載◎

滋賀県立近代美術館マデカラフェスタ中島麦nakajimamugi2

滋賀県立近代美術館マデカラフェスタ中島麦nakajimamugi4

3/19(日)
たんけんワークショップ 「美術館を探検して描こう!」  
詳細

3/20(月・祝)
金氏徹平ワークショップ 「白い彫刻をつくろう!」
詳細

3/25(土)
中村裕太ワークショップ 「近美をクリーンナップ!」
http://www.shiga-kinbi.jp/?p=21979
最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR