FC2ブログ

[出品のお知らせ◎]博多阪急 <アートに恋する2週間 「 VIVIDEEP maison 」 出張ミュージアム /博多阪急

69558295_404517480202542_2571714515766870016_n.jpg

[出品のお知らせ◎] in博多阪急
<アートに恋する2週間 「 VIVIDEEP maison 」 出張ミュージアム >
と題した企画、
宇野ビビディープさんが選んだ様々なジャンルを越えて祝う・ことほぐ場に、
2016年頃に制作した「WM」シリーズから厳選して展示販売いたします。

一般的なアート空間では実現しない”出会いとおさまりの妙”を楽しんでもらえたら嬉しいです。
お近くにお越しの際はぜひのぞいてくださいまし!

2019年9月4日(水)〜17日(火)
博多阪急7階ステージ7-2
詳細web

VIVIDEEPmaison_中島麦_nakajimamugi_unovivideep

*以下、主催の宇野さんの記事より転載↓
============================
アートに恋する2週間 「 VIVIDEEP maison 」 出張ミュージアム
2019年9月4日(水)〜9月17日(火) 博多阪急7F
10:00〜20:00 最終日は19:00終了
====================
「生きるを祝うモノ・あなたをことほぐ時間」をコンセプトに、宇野ビビディープが creation・curation・cordination を手がける“ビビディープメゾン”が、9月4日(水)〜17日(火)の2週間、博多阪急にPOP UPします。暮らしに溶け込み日常を寿ぐアートを、絵画・テキスタイル・木工・ガラス・ステンドグラス・陶・アイアン等々ジャンルを越えてラインナップ。アートとの距離をぐっと縮めるコーディネーションでお届けします。人の手と心から生まれた、美しきもの、おもしろきものと巡り会い、感じる自分の心とも出逢う。そんな一期一会の《 VIVIDEEP maison 出張ミュージアム 》、“アートとデート”な気分でぜひ遊びに来てください。身につけるアートも多彩にご用意してお待ちしています。
----------------------------------------
◉featuring artists 順不同 敬称略
奈良平 宣子 アート&アクセサリー
中島 麦 nakajimamugi  アート作品
Kashiwagi Etsuko アート作品
イモト サユリ アート作品
津島 タカシ アート作品
井上 ヒデコ ステンドグラス作品
法嶋 二郎 木工作品
山本 郁 陶作品
藤本 F 美歩 陶作品
石原 ゆかり 陶作品
西村由美 ガラス作品
岡本智晶 陶作品
南口 瑞枝 アイアン作品
林遼子 ジュエリーアート
Shoji Fujii 有松絞染
アズマファブリック( 東 和子 ) バッグ・エプロンスカート
ウメダカオリ ( 梅田 香織 ) ファイバーアートピース
田中製材所 ( 田中 由虎 ) ヘキサゴンピース
VIVIDEEP ( 宇野ビビディープ ) オサメル作品
他 ・・
◉creation curation coordination
宇野ビビディープ ライフテクスチャリスト
VIVIDEEP maison 店主  質感研究室 主宰
-----------------------------
■期間中のイベント
その1  宇野ビビディープがご案内
VIVIDEEP maison 《アートとデート的・ミュージアムツアー》
9/6【金】18時~19時
9/7【土】13時~14時
--------------------
キュンとなる、ハッとする、ホッとゆるむ。あなたの心が動いた時、アートとの“関係”が始まります。『 VIVIDEEP maison 』店主 宇野ビビディープがご案内する《 アートとデート的・ミュージアムツアー 》では、感じる心に焦点を合わせながらぐるりと鑑賞。気になる相手が見つかれば、距離を縮め関係をはぐくむデートを楽しんでもらいます。感じるあなたの心がアートです。自由な感性でアートと恋しましょう。
-----------------------------
その2 宇野ビビディープのプチセミナー
【 好きとつながり、生きるを祝う。暮らしに小さな『聖域』をつくりましょう 】
9/13【金】13時~14時
9/15【日】15時~16時
---------------------
なにげない日常こそ愛おしくオメデタク!をモットーに「好きとつながる収納」を探求してきた
宇野ビビディープが、暮らしの中の『聖域』づくりのお話を。“人の目”や“スタイル”を意識することなく、“好き”や“大切”に焦点を合わせてモノと向き合うその行いは、ノンジャンル・オンリーワンの自分づくりです。生きるを祝う「POSITIVE」な場と時をこれからの暮らしにたずさえませんか。
----------------------------------------
お申込・お問合せは博多阪急へ 092-461-1381
====================

中島麦_nakajimamugi_unovivideep01
スポンサーサイト



[個展のお知らせ◎] 長野県軽井沢町 Solo Exhibition info.

酢重ギャラリー_軽井沢_中島麦_nakajimamugi

[個展のお知らせ◎] 軽井沢町
Solo Exhibition info.

ご縁があって、長野県での初個展です。
僕が生まれたのは松本市、半年あまりで両親縁の大阪に移りましたが、
初めて空気を吸ったのは信州の地になります。

(英語だと出身地を「Birthplace」などになるようで、
ずっとプロフィールには「長野県生まれ/大阪育ち」と表記してきました)

昨年後半から、つい先日終わったART OSAKA前まで制作した「luminous dropping」シリーズを厳選セレクトして、展示いたします。

暑さと都会の喧噪を離れた初めての地での展覧会、
どのような出会いがあるかとても楽しみです。

この夏、軽井沢へお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ。

中島 麦 展
2019年7月12日(金)〜8月6(火)まで
10〜18時 open*会期中無休
7月12日(金)18:00〜オープニングパーティー

酢重ギャラリー
長野県北佐久郡軽井沢1-6 (軽井沢 旧軽ロータリー前 酢重正之商店2F)
0267-41-2929
sujugallery.fonz@gmail.com
web

・軽井沢駅より1.5km

----
酢重ギャラリーは蕎麦屋、パン屋、レストランから
各種和の調味料を取り扱うFONZグループが運営するギャラリーです。
東京や海外にもレストラン等を多数展開しています。
FONZグループ web

[art fair] ART OSAKA 2019に出品のお知らせ。

ARTOSAKA2019_中島麦_nakajimamugi 2

ART OSAKA 2019

現代美術のアートフェアART OSAKAに、Gallery OUT of PLACE(6003号室)から、
内藤絹子さんとの2人展形式で出品いたします。
「luminous dropping」シリーズの新作に加えて、そして新たな試み作品も出しちゃうかも!?

多くの皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております◎

ART OSAKA ギャラリーページ

【開催日程】
2019年7月5日(金)-7日(日)

《プレビュー》
2019年7月5日(金)14:00-20:00
✳︎招待客・プレス関係者のみ

《一般公開》
2019年7月6日(土)11:00-20:00
2019年7月7日(日)11:00-19:00
✳︎ご入場はフェア終了の1時間前まで

【公式URL】
公式web

【フェア会場】
ホテルグランヴィア大阪 26階(ワンフロア貸切り)
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1
T. 06-6344-1235(代表)
U. www.granvia-osaka.jp

【入場料】
¥1,800-/1Day Pass
✳︎小学生以下は無料。但し必ず保護者同伴下さい。
✳︎チケットは当日、ホテル26階のフェア受付にてお買い求め下さい。

[個展のお知らせ◎] 大阪

中島麦_ギャラリー白_nakajimamugi01


[個展のお知らせ◎]
久しぶりの地元・大阪での個展になります。
今春の関東方面で展示した「luminous dropping」シリーズの選抜作品に、
新作を加えて初めての場、ギャラリー白の黒い空間に挑みます。

学生時代から数えてみたら…個展と冠した展覧会としては奇遇にも50回目、
個人的にも様々な思いが繋がってのご縁の機会。

何度目だろうが直前は吐きそうであり、
とてもワクワクしている。
皆さま、2019年上半期最後のご予定に、ぜひに◎

-----

中島 麦 展
2019年6月17(月)〜6月29(土)
11〜19時 open/土曜日17時まで
*6/17(月)18時よりギャラリートーク開催
*日曜休廊

ギャラリー白
大阪市北区西天満4-3-3星光ビル2F,3F
06-6363-0493
art@galleryhaku.com
http://galleryhaku.com/

・JR大阪駅/各線梅田駅より約15分
・各線淀屋橋駅①出口より約10分
・大阪メトロ南森町駅②出口より徒歩10分

*6/27-29はG20サミット開催、公共交通機関でお越し下さいませ。


中島麦_ギャラリー白_nakajimamugi02


——
statement
「luminous dropping」
私は、絵画を構成する根源的な要素として「動き・奥行き・光」があると考えている。その3つをカンヴァスの上で表現しようと試み、この作品シリーズを「luminous dropping」と名付けた。ゆっくりと流し込まれた多量の絵具は、乾いた後も流動感を画面上に留め、物質としての色は多彩な表情を見せる。また絵具の層の中に空間が生まれ、作品は光を纏う。

「描く」という私的な行為が、美しさ(時にはその対極)を共通言語に、社会と接続できるメディウムになると思っている。それこそが絵画の次なる展開であり目的ではないだろうか。


I think that there are "movement, depth and light" as fundamental elements of the painting. I would like to express the three elements in my series "luminous dropping". A large amount of paint slowly poured keeps the fluidity even after it dries on the canvas and expresses various colors accompanied with delicate differences. Space is born in the layer of paint and the work wears light.
Through my action, I expect that beauty (sometimes controversially) will become a common language and art will become a medium to connect with the general society. I think it is the next development and purpose of painting.

[個展「luminous dropping 2019」のお知らせ◎/東京]

20190404中島麦nakajimamugi02

[個展「luminous dropping 2019」のお知らせ◎/東京]

2019年春の展覧会シリーズの締めくくり、
多面的な活動の核心はキャンバスに描くことにあると考えています。
画像(RGB)ではなかなか伝わらない、色の機微を実視していただけると嬉しいです。

現在開催中の川口市立アートギャラリー・アトリアでの企画展と合わせて、
皆さまの春のご予定に、ぜひともよろしくお願いします!


中島麦「luminous dropping 2019」
会期:2019年4月12(金)〜5月12日(日)
12:00〜19:00 OPEN

・月〜水/休廊・GW中も平常通りの開催になります。

*レセプション:4月13日(土)18:00 - 19:30
・18:30頃より作家によるトークがあります。入場無料

会場:Gallery OUT of PLACE TOKIO
東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 207
03-6803-0248
Gallery OUT of PLACE TOKIO web

・東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
・東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
・JR御徒町駅から徒歩10分
・JR秋葉原駅電気街口より徒歩11分

-------------
Artist statement
私は、絵画を構成する根源的な要素として「動き・奥行き・光」があると考えている。その3つをカンヴァスの上で表現しようと試み、この作品シリーズを「luminous dropping」と名付けた。ゆっくりと流し込まれた多量の絵具は、乾いた後も流動感を画面上に留め、物質としての色は多彩な表情を見せる。また絵具の層の中に空間が生まれ、作品は光を纏う。
 2019 年前半は東京エリアで「始点/ 展開・拡張/ 目的」を多面的に捉える展示の機会を連続的に得た。「描く」という私的な行為が、美しさ(時にはその対極)を共通言語に、社会と接続できるメディウムになると思っている。それこそが絵画の次なる展開であり目的ではないだろうか。(文 中島麦)

I think that there are "movement, depth and light" as fundamental elements of the painting. I would like to express the three elements in my series "luminous dropping". A large amount of paint slowly poured keeps the fluidity even after it dries on the canvas and expresses various colors accompanied with delicate differences. Space is born in the layer of paint and the work wears light.
In the first half of 2019 in Tokyo area I continuously get the exhibition opportunities to interpret "starting point / expansion / purpose" in a multifaceted manner. Through my action, I expect that beauty (sometimes controversially) will become a common language and art will become a medium to connect with the general society. I think it is the next development and purpose of painting. ( text by nakajima mugi )


20190404中島麦nakajimamugi


-------------

絵画展なのか_川口市立アートギャラリーアトリア_中島麦_nakajimamugi


*同時期開催中の展覧会 (両会場間、約40分強)
「絵画展...なのか?」
3月21日(木)〜5月12日(日)
原田 要/山本 修司、中島 麦の企画3人展

詳細web

僕がここ数年継続的に続けている3つの作品シリーズを、一堂に展示しています。キャンバスに描いている「luminous dropping」、窓のムコウ側の景色をコチラの窓に描く「コチラとムコウ」、館内館外の様々な場や物に展開拡張する「WM」(ウム)、展覧会タイトルにもあるように、絵画とは何なのか?という問いに、多面的な表現で提示する挑戦的な絵画展示になっています。

「絵画展...なのか?」
3月21日(木)〜5月12日(日)
open:10:00~18:00(土曜日20:00まで)
休館日:毎週月曜日(4/29・5/6-7は開館)
観覧料:300円

川口市立アートギャラリー・アトリア
埼玉県川口市並木元町1-76(JR川口駅より徒歩8分)
最新記事
プロフィール

nakajima mugi

Author:nakajima mugi
美術家 中島麦のブログです。
旅の記録と日々の諸々の記憶。

カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR